So-net無料ブログ作成
パチンコは勝てない ブログトップ

第22章 ホルコンの恐さ [パチンコは勝てない]

12万円負けた時の話をしようと思う。

あまり思い出したくない話だが思い出す事でパチンコの恐さを再確認しようと思う。


朝1からパチンコに着いた僕は1/319の[マジェスティックプリンス]をチョイスした。

1000円、2000円投資。

5000円を投資して回転数は150回転。

平均で30回転は回っている。

ボーダーラインは大きく超えていたので

「この台で勝負」

といきこんで追加投資。

10000円を使った。

回転数は350回転くらい。(だいたいです)


20000円を投資。

回転数は650回転ほど。


「やめようか・・・・・」


しばらく迷いましたが違う台打つならと更なる追加投資。


すると23000円でようやく当たりが・・・・。

この台の確立変動突入確立は約80%。



単発当たりでした。


「くそ!」


持ち球がすべて飲まれ更に追加投資。


30000円で二回目の大当たりを引く。


さっきとまったく同じパターンで単発。


「おかしいやろ?」


そう思いながらまたまた持ち球がなくなるまで打つ。

そして持ち球が無くなり心が折れた僕は違う台に移動。


なんの見せ場もなく2万円を溶かす。


負け額5万円。


コンビニに走る。

残高すべてをおろし再勝負。(70000円)

奇跡を信じてスロットコーナーへ。


900回転でやめたゴットを発見。


天井を狙って逆転をきたいするしかない。


天井手前で333。


2万5千円を使い出た枚数は200枚。

もちろん単発。


そのメダルもすべて使い負け額は7万5千円。

「まじで死にたい」


そー思いながら

「さすがにもー当たる気せん」

「帰ろう」


そー思って最後に自分が打っていたマジェスティックプリンスが気になりパチンココーナーへ。


すると・・・・





誰かが大当たりを引いていましたがまた単発だったみたいで大当たり回数は3回に。



単発3連荘


何を思ったか席に着き打ち始める。

たぶんもー精神は崩壊していたのだろう。


2万円が一瞬で無くなった。

残りは2万5千円。

「一万だけは残そう」

と思いさらにつっこむ。


ようやく777で確立変動。


半分だけは取り戻したい。


そう思い打ち始めると

[エラー 球が不足しています。係員をおよびください]

この台を打った方なら分かるとおもいますが

確立変動中はずっと2分間の間にずっと右打ちをし大当たりをストックする仕組み。

確立変動中は右に球をぶっこみ続けないといけない。

すぐに呼び出しボタンを押したが全然こない。

隣の席が空いていたので隣から球をだし球を補充しながら打つ。

時間は10秒ほど損をした。

やっとこさ店員が来たけど全然球がでない。

結局2分間はすぐに終わりストックする事なく終了した。


この店員が冷静な今なら悪いわけではないと思っている。

しかしその時は

[お前がちんたらしてるせーで終わったやろが!]


はい。完全な八つ当たりですよ。


結局単発4連荘

負け額合計10万円

残高2万円


暴走して2万を使い結果12万負け。


他のパチンコも何回か大当たりを引いたがすべて単発。



それが最後のパチンコの思い出です。


今になって思うともしあの日、あのまま運よく取り戻していたとしよう。

かなりのお金をつっこんでからの逆転勝利ほど脳に悪い影響をあたえる。


結局時間をかけて無くなっていたお金だと思う。


あの時あんなに負けていなければブログを書く事のおそらくなかったであろう。


パチンコは絶対に勝てないと脳にやきつけないとやめるのは難しいのかもしれない。

ホールコンピューターに支配されている限り僕らは絶対に勝つことはできない。


勝っている人はホルコンの癖を読めば勝てる。などとほざく。


たしかにそれで勝っている人もまーいるのだろう。

そういう人はある意味才能がありパチンコの才能があるのだろう。


負けている人は才能がない。

あなたも僕も。


才能がある人は一生あの狭い世界で他に楽しい事もしらずに勝ち続けるがいい。


才能がないほーが人生楽しく過ごせると信じてる。


今日も誰かがあの場所で泣いている。


僕はもー泣きたくないしコンピューターなんかにコントロールされたくない。

ので再確認。


やっぱパチンコ行かない自分のほーが好きだわ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ

第19章 10年後のパチンコ、スロット [パチンコは勝てない]

パチンコはMAXタイプの台が撤去され始めましたね。

スロットも高純増の台が規制が入り新台として入荷する事ができなくなりました。

それによりさらにパチンコ打つ人が減りパチンコ業界もメーカーも来年以降は厳しい時代が来る。


数が減る分同じお客により多く負けてもらうしかない。

じゃあどーすればお客さんに継続して来てもらえるのか?


依存させるしかない!


じゃあどーすれば依存させる事ができるのか?


もっと派手で爆音で役ものを稼動させ、脳に依存物質を植え込む。


ここ十年で役物といわれるものは大きく進化した。


今はスロットの台にまで役物がつき始めた。


10年後スロット、パチンコの台はどー進化するのだろうか?


多分今よりもっと勝てなくなる時代は来ると思う。

けどパチンコの台の技術は上がっているので下手したらもっと脳が馬鹿になりやめにくい時代になるかもしれない。


10年後はもっとパチンコ屋が減っているのかもしれない。


パチンコを打つ事自体が恥ずかしい時代が来ると思う。



今のうち、今日からやめないと取り返しのつかないことになる。


10年後の自分を想像してみよう。


パチンコ打っていなくても幸せな未来が見えないかもしれない。

僕自身今のままなら幸せな未来はみえず不安しかない。


けどだから開き直ってパチンコを打ち続けたいとも思わない。


パチンコを打ち続けた10年後はきっと僕はこの世にいない。


嫌気がさして自害してるかもしれない。


病気になり金がなくて治療できず病死しているかもしれない。


それならば不安があっても[パチンコをやめる]選択をするしかない。


もう一度心に刻み込む。


パチンコをやめたいじゃない。


パチンコはやめるしかない!span>
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ

第12章 パチンコ依存者のある1日 [パチンコは勝てない]

朝からパチンコを打つ。

まずは1万円を投入。


10回転で赤保留に・・・・。


[これは当たるか。当たってくれー。]


あえなく外れる。


[まーまだ500円だしそんな甘くないか。]


[けど熱いリーチの後はお詫びがくるチャンスだし]※もちろん関係ありません


・・・・・



・・・・・・・・・・・







・・・・・・・・・・・・・・・・



1万円なにもこずに終わった。


[けど1万円で250回転回っているしこの台で勝負だな。]



追加の2枚目をいれる。




今度も見せ場なく2枚目が終わる。




[どうしよう・・・・・・・。]


少しあせりも出始め 


[台移動するかな]


[でもよく回るし・・・・。]



[やっぱり粘るか]


3枚目を投入。


するとまたまた赤保留に変化


[今度こそ頼む]


デン



デデデン



[777]


確立変動ゲット!


[やっぱ粘ってよかったわー。]


どや顔でタバコを吹かす。



[こっからこっから]






ST終了
継続数 ×1
出玉 1000玉


[ふざけんなよ]


玉は一瞬で無くなり


[今日は勝たれへんわ]


ここで賢いやつなら帰るでしょう。

結果-20500円


僕は違いました。


[このまま帰れるか]


さらに打ち続けます。


3万はあっという間になくなりました。


[スロットで巻き返すしかない]


スロットコーナーに


一万をいれて勝負



1万円はあっという間になくなりました。

そして財布の中身もからっぽに。


近くのコンビニに行きATMから3万をおろし


天井まで回す

2万円を使い天井到達


[BOUNS確定]


枚数150枚
上乗せ無し


[100Gまでチャンスやからそこまで回そう]


なにもこず終了。

手持ちのメダルも尽き気づけば6万円の大敗。

残り1万円を握りしめ


[朝打ってたパチンコで最後のリベンジや]


パチンココーナーへ移動。


すると朝打っていた自分の台が箱を山積みに。


[このくそばばー]


箱は10箱以上


仕方なく別の台をうち


やけくそになり1万円を投入。


熱いリーチがきても


[はいはい外れるんでしょどーせ]


案の定外れる


大敗していると開き直り精神がおかしくなっているので

普通ならゲキアツリーチを外せば怒るところを、うすら笑いを浮かべる僕。


完全に精神が崩壊している証拠。


案の定奇跡は起こらずに終了し蓋をあければ7万円の大やけど。


[あの店絶対遠隔してるわ]


[おかしいわ]


そんなことを心で思いながら家に帰る



[二度と行くかあんな遠隔しまくっている店なんか]



数日後には何食わぬ顔でご来店。


そして一番上に戻る







このループを何度体験してきた事か。


冷静になってみると異常ですよ。


正気の沙汰とは思えない。


多分顔も死んだ魚みたいな顔になっていたことでしょう。


店員にも笑われていたのかもしれない。


[あんなに負けたのにまたきおったで]




[もう行けへんわぼけ!]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ

第10章 純増枚数の変化 [パチンコは勝てない]

僕が始めてスロットを打ったのが大花火という機種。

一番よく一番勝てていた台が初代獣王。


4号機の時代は本当に良かったなーと思う。


万枚なんてしょっちゅう出てましたからねー。


初代獣王の純増枚数は10枚。

2時間あれば万枚がでる時代でした。


今は良くて純増3枚。


これから出る新基準機なんて1,7枚とかでしょ。


1日ずっと入りっぱなしでやっと万枚に手が伸びる。


だからといって連荘しやすくなっているかというとそうではなく50枚しかでずに終わる事もざら。


冷静になって思うとまじで勝てなくなったなーと思う。


昔は朝1のモーニングなどもあり朝早くから並んだなー。

今は並ぶ価値もなし。



今日朝9時くらいにパチンコの前を車で通りましたが頭のわるそーな奴らが菓子パン片手に並んでいた。


[朝から並んでなにしとんねんこいつらは]

心の中で馬鹿にしてましたね。


けど僕も間違いなくそー思われていたんだなーと思います。


今思うと知り合いにでも見られていたらこれほど恥ずかしい事は無いなーと思いました。


昔は自分の回りはほぼパチンコをしていた。

10人いれば9人はしていた。


ところがどうだろう。


今は10人いれば1人しかしていない。



[まだやってんの?]


何回も言われた。


恥ずかしくて


[たまーにな。]



嘘ついてまでパチンコするなよな。




うそつきは泥棒の始まりとは昔の人はうまい事言ったもんだ。



泥棒にはなりたくないので僕はパチンコやめます。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ

第九章 天井狙い?なんだそれ。 [パチンコは勝てない]

ホールでよく見かけるハイエナ軍団。

みなさんはあれどー思いますか?

僕はぶっちゃけうざいと思ってました。


後ろで立ってやめるのを待っている。

やめてたまるかと意地になり天井まで追っかける。

結果単発終了。


幾度となく味わってきた苦痛。



よくスマホ片手にスロットを打っている人を見かける。

こっそりのぞいて見ると、打っている機種の情報を調べながら打つ。


プレミアの恩恵は?


天井の恩恵は?


天井はまでなんぼ?


この小役は熱い?


んで実際プレミア引ーたもんならドヤ顔でタバコを吹かす。


さー出したんでー。




100枚



200枚




300枚






400枚





終了・・・




1/65536の確立を引いてこれで終わり?



さっきまでのわくわくを返してくれ。



と何度も苦い思い出をくれたプレミア。



[天井狙いだけしていれば勝てるよ]



そんなおいしい台がゴロゴロ落ちている訳もない。


それに運よく落ちていたとしても単発なんてしょっちゅの事。


昔はたしかに天井狙いだけしていればほぼほぼ勝てた時代もあった。


天井の恩恵が強い時代はね。


今は天井ストッパーやら天井の恩恵はボーナスのみの台が当たり前。


そら勝てないですよ。


もーパチンコでは勝てない時代です。


本気で仕事として胸張って


『俺パチプロで飯食うてるねん』


と言える奴でないと勝てない。


もちろん勝っている人もいるのは認めます。


[だからやり方によっては自分も勝てるはず]


こー思ってないですか?


あなたは勝てない人です。


僕も勝てない人です。


多分なにをやっても勝てないのだろうと思います。


向いてないんですよ僕らは。


あきらめましょう。


どうしてもパチ屋に募金をしたいのなら止めませんが・・・。


僕はもー一切募金はしたくないのでやめます。


勝ってる奴は一生あの狭い世界でせいぜい頑張って勝ち続けてくださいよ。


一生機械相手に一喜一憂してください。


その間にこっちは広い世界で楽しみたいと思います。





ただのひがみでしたが今は心からそう思っている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ
パチンコは勝てない ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。