So-net無料ブログ作成

第14章 電車の中で聞いたパチンコの話 [パチンコからの卒業]

今日久しぶりに電車に乗った。

基本の交通手段は車なのでほとんど電車に乗ることがない。


一人で電車に乗ると乗客お話がいやでも耳に入ってくる。


そんな電車での話。


お昼に電車に乗ったので比較的すいていたので適当な場所に座る。


次の駅くらいで若い2人組の男が乗ってきた。


楽しそうに話をしていたのが話はパチンコの話になった。


気になって自然の2人組の話を聞いていた。


「今年でMAX機なくなるなー」

『やな。最後に爆勝ちしたいわ。』

「勝って風俗行きたいわ」

『先月ボロボロやったわ』

「今日こそプレミアひいたるわ」


多分こんな話を終着駅につくまで永遠と話ていたと思う。


客観的に聞いていた僕が思った一言


[パチンコなんかで何熱く語ってんやろ。恥ずかしい奴ら]


パチンコに依存していた僕が思っている。

てことはパチンコを打ったことも無い人はどー思っているんだろうか。


僕も同じ経験をしたことはもちろんある。


電車の中で話した事も


居酒屋で話した事も


後輩に語った事も


今思うとパチンコの話をしている人達ってすごく馬鹿にみえる。


[もっとやる事あるやろ]


多分こー思っている人達がほとんどじゃないかな。


たしかにそーだよな。


パチンコていったいなんなのか?


言える事は娯楽でもエンターテイメントでもない。


ただのギャンブル。


博打。


馬鹿の遊び。


そんな場所が日本のあちこちにある。


ほんとにこの国は異常だわ。


30分の終着駅に着くまでそんな事を考えていました。


この二人の若者には僕は感謝したい。



今日改めてパチンコというものが馬鹿馬鹿しく感じる事ができた。


もちろん今日もあんなくそみたいなとこには行ってませんよ。


そんな電車での一コマでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。