So-net無料ブログ作成
検索選択

第10章 純増枚数の変化 [パチンコは勝てない]

僕が始めてスロットを打ったのが大花火という機種。

一番よく一番勝てていた台が初代獣王。


4号機の時代は本当に良かったなーと思う。


万枚なんてしょっちゅう出てましたからねー。


初代獣王の純増枚数は10枚。

2時間あれば万枚がでる時代でした。


今は良くて純増3枚。


これから出る新基準機なんて1,7枚とかでしょ。


1日ずっと入りっぱなしでやっと万枚に手が伸びる。


だからといって連荘しやすくなっているかというとそうではなく50枚しかでずに終わる事もざら。


冷静になって思うとまじで勝てなくなったなーと思う。


昔は朝1のモーニングなどもあり朝早くから並んだなー。

今は並ぶ価値もなし。



今日朝9時くらいにパチンコの前を車で通りましたが頭のわるそーな奴らが菓子パン片手に並んでいた。


[朝から並んでなにしとんねんこいつらは]

心の中で馬鹿にしてましたね。


けど僕も間違いなくそー思われていたんだなーと思います。


今思うと知り合いにでも見られていたらこれほど恥ずかしい事は無いなーと思いました。


昔は自分の回りはほぼパチンコをしていた。

10人いれば9人はしていた。


ところがどうだろう。


今は10人いれば1人しかしていない。



[まだやってんの?]


何回も言われた。


恥ずかしくて


[たまーにな。]



嘘ついてまでパチンコするなよな。




うそつきは泥棒の始まりとは昔の人はうまい事言ったもんだ。



泥棒にはなりたくないので僕はパチンコやめます。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。